FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイモン・ベイカー ジバンシィ・フレグランスの来季モデルに!

サイモン・ベイカーさんが来年のジバンシィ男性用フレグランス・イメージモデルに
起用されました。すごいぞサイモン、すごいよ香水きらいなのn・・・・

そろそろPeopleのあの記事(※)はお蔵入りしたほうがいいのかもしれません。

(※)Peopleのあの記事 とは
30歳前半(ニック・フォーリン時代)のベイカアさんがPeople誌のインタビューで
「ぼく香料が苦手だから、フレグランス類はつけないんだ。それに普段からお水を
たくさん飲むから、とってもよい体臭がするんだよ!」
とデヴォン青木もまっさおなデトックス至上発言をした記事。
まさかその10年後に盟友ロビン・タニーから全否定を食らうとは思ってもいなかったはず。
おかげでGoogle先生のニュース項目でサイモンと打つといまだに例の体臭コメントが
TOP表示されてしまうというとんだ炎上マーケティングである。

<関連記事リンク>
Simon Baker Face of Givenchy’s New Men’s Fragrance
(記事抜粋・かなり意訳)
ジバンシィの社長ティエリ・マーマン氏はこう言います。
「彼(サイモン)を起用することは我々にとって実に自然なことでした。
なぜなら彼は貴族的な魅力とカリスマを兼ね備えています。
それこそ(ブランド創始者)ユベール・ド・ジバンシィの提唱する
価値観に沿うものなのです。」


本格的なプロジェクト始動とプロモーションは来年に入ってからとなります。
管理人の脳内でパフューム(映画)みたいに冷浸法で獣脂べっとり塗られて
エキス抽出されてる姿が繰り広げられているのはここだけの秘密だ。

***

■サイモン・ベイカー ロンジンの広告展開が本格始動。

11月26日~27日付の新聞で広告をご覧になった方も多いかと思いますが、
春にロンジン・アンバサダーに新任となったサイモンさんの広告展開が始まりまして、
いろいろな雑誌・新聞等でその御尊顔を拝悦する喜びに預かる事ができますです。

ロンジン 新キャンペーン動画

たっかい時計もらったったwwww て顔してますな。

しかしご本人は今や 年1回しか帰らない オーストラリアの牧場に
ランボルギーニのトラクターを買うような高額所得者なわけでから実際は
どうってことないのだが、これでベリベリ時計の呪縛(※)も解けた事でしょう。

(※)ベリベリ時計の呪縛 とは
少年時代、腕時計をもってなかったサイモンが17:00という鬼門限を死守するために
秒刻みで周りのサーファーに時刻を聞いて回ったという都市伝説。
その後「夕方になると浜に出没する病的に時間を気にする妖怪(カワイイ系)」などと
オカ板で騒がれるのをおそれたサイモンは年上のサーファーから中古のダイバー時計を購入する。
しかしそのストラップがベルクロ(マジックテープ)だったためカビていて
もうれつに臭かったという心温まるエピソードなのだが、
一度海外のロンジン広告記事で語ったのを最後にどこにも転載されないところをみると
Gショックさんからの圧力 なんらかの大人配慮があったようである。

では、その他のスチールを幾つか。
1211longines_01.jpg

1211longines_03.jpg
キーッ、そのフォルダにある画像をぜんぶおれによこせwwww

また、男性ファッション雑誌「Safari」2013年1月号にはロンジンの広告と、
「サイモン・ベイカーが語る<ロンジン>の魅力!」とアオリを打った記事が掲載
されています。本誌の独占インタビューではなく、ロンジンのプレスリリースから
サイモンのコメントを抜粋した形でのキャンペーン記事です。



しかし日本の新聞雑誌でサイモンを見れるなんてそれだけでも奇跡なので、
ロンジンさんには頭が上がりません。ジバンシィさんにも頭上がらなくなりたい早くなりたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントについて。

12/13付の記事にも書き添えさせていただきました通り、

いつも閲覧いただき、ありがとうございます。

録画データのWEB配布サイトのリンクにつきましては、記事のような理由により
Blogの方針として削除させていただきました。
たいへん心苦しい決断だったですが、どうかご容赦賜りますよう、
心よりおねがい申し上げます。

No title

あー、ぎゃー!途中でUPしてしまいました。

いつもみなさん、コメントありがとうございます。
先のリンクの件につきましても、こんな至らないももぐみに教えてくださるという
お心遣いをいただいたものですので、本当に感謝しております。
ご期待に添えず、カタイ話しとなってしまい申し訳ございません。
ご案内ありがとうございます。
これからも、ちまちましたBlog記事を上げる事しかできませんが、
見ていただけたら幸甚です。

No title

初めまして〜。
メンタリストからこちらのサイトにたどり着き、
毎日笑わせて頂いております。
(電車で吹き出しそうになったり・・)

更新楽しみにしてます♪

No title

Kumaさま>
電車内で恥ずかしい思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
たいへんレスが遅くなってしまいスミマセン!
またぜひ寄っていただけますようお待ちしております~
プロフィール

すう。

Author:すう。
別名ももぐみ。べいかあ教徒として日々修行を送っているつもりの永遠の4歳児。
唯一神おさいもんをあがめ、いい子になろうと血道をあげています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
お問い合わせメールフォーム
※HN可・メルアド入力必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者カウント
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。