FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタリスト シーズン3 :第8話「火の玉」

パトリック・ジェーンの年中行事といえば、ラ・チ☆カ・ン・キ・ン ということで、
その筋のひともそうでないひとも、お待たせしました。
自己防衛って言葉を覚える気の無い囚われの美中年がこんかいも大活躍だよ。
ジェーンを連れ去ったうらやましい犯人は誰なのか、はたしてジェーンは尿意を耐える事ができるのか!

原題:Ball of Fire.
監督:ステファン・グリーンホール
脚本:トム・セントジェルジ
北米公開:2010.11.11
日本放映:2012.07.11

(あらすじ=前半のみ)
ロードサイドの青果露天にフルーツを買いに来たジェーン。携帯電話で遅刻を詫びながら
リズボンにお土産を買っていくと約束した瞬間、一台の車が店に乗りつけ、中から拳銃を
構えた男が現れる。応戦する店主との撃ち合いが始まり、双方が被弾したが店主が致命傷を負い倒れる。
強盗だろうか?しかし男はジェーンの腕を掴み、車に無理やり連れ込もうとするのだった。
一瞬のすきを突いて逃げ出し、近くの納屋に隠れたジェーンはリズボンに電話で助けを求めるも、
ついに男の手中に納まってしまう。
CBI本部ではただちに厳戒態勢が敷かれ、現場に落ちていた犯人の血液から身元が判明する。
一見、ジェーンとはなんの接点もない青年だが、身代金の要求もなく営利目的とも思えない。

そのころジェーンは見知らぬ民家の地下室で手錠をかけられ配管にて繋がれていた。
やがて現れた犯人の青年は、店主との銃撃戦でひどい怪我を負っている。
得意の心理術で男の緊張を解こうと試みるジェーン。次第に彼の表情がやわらぐのを見て安堵した瞬間、
男の背後から金髪の美しい少女が現れ、何の躊躇もなく青年を撃ち殺してしまった。
ジェーンを拉致した男は単なる使い走り。なんとこの少女こそ真の誘拐犯だったのだ。
「わたしを覚えてる?パトリック・ジェーン。」
不敵な笑いを浮かべる少女が取りだしたのは、牧畜用に使う牛追い棒だ。
激し痛みを伴う電気ショックでジェーンを追い詰める彼女の目的は何なのか。

いっぽうCBI本部では青年の身元を洗ううち、意外な人物が浮上してきた。
それは3年前、ラスヴェガスで起こったプロゴルファーの妻とその主治医殺人事件で、
ジェーンが捕えた精神科医、そう、あのレッド・ジョン偽装犯Dr.ワグナーだったのだ。


308_09.jpg
はじめてのおつかい したばっかりに・・・。

ここで紐といておこう。

 <パトリック・ジェーンの輝かしい誘拐史>

 ●シーズン2:第12話「血を流すハート」

 誘拐犯:環境保護団体の現実ベースな主導者ジャスパーくん。
 監禁時間:タコスでランチ中~夜半までの数時間
 拷 問:尿意、ハンサムな顔を無理やり見せられる
 救助者:CBIのたものしいみなさん

 ●シーズン2:第23話「夜明けの赤い空」

 誘拐犯:リア充ども
 監禁時間:日中の数時間
 拷 問:サランラップ密閉、クサい芝居を見せられる
 救助者:尊師レッド・ジョン(なんと)
 あまりに怖くてチビッたかどうかは不明。

308_03.jpg
回数こなしたって、慣れないものは慣れないの!

308_06.jpg
静まれ膀胱。

似たような画像何枚も貼るなよ!なんて言われようが貼るものは貼る。いっそこの鋼管になりたい。

308_05.jpg
かいしんのいちげき!!

さすがJK!おれたちが出来ない事を平然とやってのける!

電マ 牛追い棒の電流は、カスタムなどを施してない場合は防犯用スタンガンより弱いそうです。
(動物は微弱な電流でも苦手なため)しかし何度も使う事によって、相手にじわじわとしたダメージを
与える拷問道具として古くから使われていました。こんなこと詳しく調べる管理人のことは気にしないように。
あわれ金色のコヨーテちゃん絶体絶命。

そういうわけで、今回はジェーンがCBIで過ごしたこの5年間(第一話=パイロットの時点で、
コンサルタントに就任して2年目ということになります)に解決した事件の膨大な量が明かされるわけです。
んでもって解決した事件の倍以上クレームの履歴があるということで、CBIの代表電話受け付けにだけは
絶対になりたくないですな。なおクレーム以外のいかがわしい電話件数は不明です。

308_07.jpg
ジェーン 「でもちょっとクセになりそう・・・」
リズボン 「ほどほどにしときやー」


さて、次回(もう今夜ですが)S3Ep9”Red Moon”「赤い月」は、
何度も言うけどサイモン・ベイカーの監督作品です!
冒頭クレジットで、Directed by Simon Baker って出るのをお見逃しなく!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すう。

Author:すう。
別名ももぐみ。べいかあ教徒として日々修行を送っているつもりの永遠の4歳児。
唯一神おさいもんをあがめ、いい子になろうと血道をあげています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
お問い合わせメールフォーム
※HN可・メルアド入力必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者カウント
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。