スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタリスト シーズン4:第1話「緋色のリボン」

・・・刑事法体系には、等しく重要な2つの組織がある。

犯罪を捜査する「警察」
401_image4.jpg
今シーズンも盛り盛りです。

そして容疑者を起訴する「検察」
401_image3.jpg
フェロモン系

これは、彼らの物語だ。
130614title.jpg

半年ぶりに戻ってまいりました、メンタリスト・シーズン4の日本放映開始です。
シーズン3のファイナル、お台場ビーナスフォート ショッピングモールで
乳首を勃てながら接近してきた変質者 宿敵レッド・ジョンを射殺したパトリック・ジェーン。
公衆の面前での復讐劇により、現行犯逮捕された彼はどうなってしまうのか!?
組織のルールを曲げてジェーンを支持したCBIの仲間たちの月給のゆくえやいかに!?

タイトル:「緋色のリボン」"Scarlet Ribbons"
脚本:ブルーノ・ヘラー
監督:チャーリーズ・ビーソン
北米初放送:2011年9月22日
日本初放映:2013年6月12日

<あらすじ>
昼下がり。買い物客でにぎわうパインウッド・ショッピングモールに一発の銃声が響いた。
カフェテリアにいた一人の中年男性が射殺され、犯人はその場で現行犯逮捕された。
犯人の名はパトリック・ジェーン。CBIのコンサルタントとして名を馳せる犯罪捜査の
スペシャリストであり、人の感情や考えを無意識の挙動から読み、操作することのできる
特殊技能を持つ「メンタリスト」である---。

取調室にやってきた法定弁護士に向けたジェーンの顔には後悔も、怒りも、
増して喜びさえ浮かんでいないように見える。
「話せば長いけどこういうことだ。ぼくはレッド・ジョンを殺した」
10年前、ジェーンの妻子を自宅で惨殺した残虐な連続殺人鬼レッド・ジョン。
カフェテリアの男はジェーンに向かってそう名乗り、犯人でしか知りえない
事実を突きつけたのだ。
(きみの娘の髪からは、ストロベリー&クリームのシャンプーの香りがしたよ・・・)
しかし弁護士はそんな彼に驚くべき事実を伝えた。
「君が撃った男の名前はティモシー・カーター。人格者で知られるごく普通の、
無実の男性なんだよ」
それどころか、現場でジェーンがカーターから向けられていた拳銃さえ見当たらず、
彼には丸腰の男性を射殺した疑いがかけられているというのだ。

以前と同じく、法廷で自己弁護を始めるジェーンは保釈金100万ドルの支払いを
保留し留置所への送還を希望した。
一方、カフェテリアでの違法捜査により停職処分を受けたCBIチームだが、
ジェーンの無実を信じてカーターの身辺を探ろうと決める。その中には憔悴した
ヴァンペルトの姿もあった。
彼女の婚約者でFBI捜査官のオラーフリンは、レッド・ジョンの手先として
リズボンの腕を撃ち、ハイタワー刑事部長を暗殺しようとしたが、恋人である彼女の
手によって命を絶っていた。

消えたカーターの拳銃を探すため奔走するチョウとリグスビー。防犯カメラの映像
などから、最初にカーターの遺体に近付き、現場保持を担当したモールの警備員が
怪しいと睨む。さっそく事件後無断欠勤した警備員の自宅に赴くと、その男は
風呂場で謎の感電死を遂げていた。。。

一方ジェーンは監獄でギャングメンバーのハイリクスポーカーに参加し、
あっという間に保釈金を稼ぎ出す。公判までの短い保釈時間内でカーターの正体を
突き止めると決めたジェーンは、カーターの自宅を訪ね、彼の妻に対峙する。
夫を殺した犯人を前にしても気丈にふるまう淑女のような彼女は、夫は良識人であり
レッド・ジョンであるはずがないと断言する。
しかしジェーンはすでにカーターの闇の部分を掴んでいた。
カーターの近所で17歳の少女が失踪しているという事実。
そして彼にはアメリカに引っ越してきた5年前以前ののID情報が一切存在しない。
そんな正体不明の男をなぜ妻は絶対的に信頼するのか?
ジェーンは妻にある罠を仕掛け、夫婦の抱える闇を暴く。
そして公判の時が近づいていた・・・。


401_01.jpg
L.A.コンフィデンシャルの大先輩ケヴィン・スペイシーをリスペクト。(セブン

401_02.jpg
今回は「よーよー金髪ねーちゃん」コールも浴びず、同房の陽気なホモもいません。残念です。

401_05.jpg
ぐうかわアンドぐうかわ。
転入したてで一人だけ制服が違う子ってどうしても気になりますよね。

401_06.jpg
リズボン「いいこと?こんど法廷でアル・パチーノのモノマネやったらぬっ殺すわよ!」

あれは似てないうえに恥ずかしそうに演じるサイモンベイカアさんを見ているこっちのほうが
いたたまれない気持ちのなるのでもういいです。

401_08.jpg
ジェーンの尻の重さを知っている全ファンが「無理ゲー」と思った瞬間。
でもなんとか木登りできました。さすが中の人がコアラ国民。

そしてついにジェーンの最終弁論が始まる。
カーターは確かに自分のことをレッド・ジョンだと言い、自分はそれを信じた。
カーターには5年以前の経歴が存在しないから、レッド・ジョンという証拠もない。
けれどジェーンの妻子は彼に殺された。
12年前に犯行を開始したジョン。これまでにわかっただけで被害者の数は28名。
沢山人から幸せを、人生の全てを奪った男なのだ。
「ぼくには、かれを殺す権利があります。」

しかし現代社会で報復殺人は許されるのか?陪審員の心は揺れる。
401jury.jpg
怒れる男1「私刑はまずいっしょー・・・」
怒れる男2「でも主役だぜ?」
怒れる男3「ピザ取るけど食う?」
みんな「はーい、はーい」「パイナップル抜きなー」

401_11.jpg
疑惑を晴らすには証拠不十分、絶対不利の状況のなか固唾を飲んで判決を見守る仲間たち。
一縷の望みは「このドラマがロー&オーダーでなくメンタリスト」であるということだけだ。
それだけで十分という気もするが。

そして、ついにリアル表決のとき!!!!
401_12.jpg

ご注文はDOOOCHI!?

はたして判決は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・無罪!

しかも全員一致!!!!

これぞメンタクオリティ
ジェーンの心の叫びが陪審員の心を打ったのです。
非常に困難な裁判でしたが正義は下されました。

晴れて自由の身になったジェーン。しかし迎えに来たリズボンに彼は衝撃的な
言葉を放つのだった。

「法廷で嘘をついた。レッド・ジョンは他にいる・・・」
シーズン第1話なんだからそらそうよ。というツッコミを飲み込むリズボンのナイスアシスト。

そうです、パトリック・ジェーンの死闘はこれからまだまだ続きます。
皆さまこれからもメンタリストに乞うご期待!!!!


401_image2.jpg

まあふつー有罪っすよねw
スポンサーサイト

サイモン・ベイカー最新映画“I Give It A Year”レビュー

いい加減広告スレッドが立ってしまう前に更新しようと思います。
こんにちは、ももぐみです!

ついにサイモン・ベイカー最新出演映画“I Give It A Year”のBlu-ray(UK)
が届きました!
長らくこのブログを見るはめになってしまった皆様ならもうミミタコかと存じますが
レビューにあたってもう一度ご紹介しますね。

タイトル:I Give It A Year(日本語訳は「よくもって1年だね」)
初公開日:2013.2.8(UK)※2013.1.17にフランスで先行公開
監督・脚本:ダン・メイザー(「ディクテイター」、「ボラット」、「ブルーノ」)

igiay_poster_fr2.jpg
これはフランス版のポスター。

【キャラクター紹介】
■ナット=ナターシャ(ローズ・バーン)
ロンドンの大手広告代理店で企業向け広告の企画チーム主任を
勤めるキャリアウーマン。9か月前のパーティで偶然出会ったジョッシュと
恋に落ち、スピード結婚を果たす。スマートな行動が好きで見た目を気にするタイプ。
中産階級の恵まれた環境で育ち、マナーをわきまえた賢女だが得意技はワンワンスタイルのようだ。
鳩がだいの苦手。そんなに嫌わなくても。

■ジョッシュ(レイフ・スポール)
弱小出版社に所属するライター。小説も書いているが全く売れない。
衣食住に頓着がなく、つるむ仲間も下品でざっくばらん。
普段はものおとなしいがバドワイザーを1本飲むと所構わずビヨンセダンスを披露する。
文系のくせに渡辺直美にも劣らぬイイ動きをするのだが、
ガイからは「透明人間のゲイに尻を犯されているみたい」と評されている。

■クロエ(アンナ・ファリス)
ジョッシュの旧友であり、出版社では編集をつとめる仕事仲間でもある。
海外の貧困問題や紛争問題に取り組む社会派・庶民派のライター。
32歳彼氏なし。オシャレは苦手で、中近東の料理やジャンクフードを好む。
じつは数年前にジョッシュと・・・

■ガイ・ハープ(サイモン・ベイカー)
アメリカに本社を置く石油化学会社の三代目社長。
企業イメージ若返りを図り、ナットに企業広告のリニューアルを依頼する。
御曹司ながらその地位に甘んじず、オックスフォードの経営学教授のもとで学び、
父親から受け継いだ帝王学と経営理念のもと、天下御免のホワイト企業として
会社を発展させ続けている。
中の人がサイモン・ベイカーなので当然モテモテイケメン扱いなのだが、
あまりにも仕事にストイックな性格と、結婚願望の強さからいまいち良縁に恵まれない。
女性の気を引くためにかわいい動物を持ち出す癖がある。ハトに対する耐性が強い。

■ダニー(ステファン・マーチャント)
ジョッシュの悪友。空気が読めなさ過ぎていっそすがすがしい屑。
しかし言う事がたまに核を突いている。

<あらすじ=8割がた書いてますので、ネタバレNGの方は読まないようにしてください>
結婚カウンセラーのもとに、若い夫婦がやってきた。
夫の名前はジョッシュ。売れない作家でミニコミ誌の編集部で働いている。
妻の名前はナット。大手広告代理店で責任ある職務を担うバリバリのキャリアウーマンだ。
二人の訴えはひとつ「わたしたちの結婚生活は1年もたないかもしれない・・・」

さかのぼる事9ヶ月前。二人はパーティで一目惚れし、あっという間にゴールインした。
ざっくばらんで下世話なジョッシュの交友関係にナットの両親は不安を隠しきれなかった。
ハネムーンも済ませ、同居生活を始めるふたり。
最初は楽しいばかりだったが、だんだんとお互いのアラが見えてきて心の中に
もやもやした不満が溜まっていくのだった。
何事もキッチリとしてオシャレなナットは、インドア派で体裁を気にせず、
甘えん坊のジョッシュの自堕落さが我慢ならない。
一方でジョッシュは、なにかにつけイライラとして仕事優先になりがちなナットと
どうしても波長が合わない。
しかも結婚直後に、ジョッシュと彼の旧友であるクロエとの間に「一夜の過ち」が
あったことをダニーから聞き、ナットの不満は膨らんでいく。
なにしろジョッシュとクロエはあまりにも趣味やジョークの相性が良すぎるのだ。

そんなある日、大手石油化学会社の三代目社長であるガイがナットの会社に企業広告の
キャンペーン企画を委託してきた。成金一家の御曹司でありきたりなヤンキーだと
高をくくっていたナットだったが、その正体は経営学にすこぶる強い洗練された経営者だった。
未婚の若社長の機嫌を取ろうと、ナットの部下が彼女の結婚指輪を隠してしまう。
そうとは知らないガイは、一目見てナットの聡明さと美しさの虜になってしまった。
大きなクライアントを逃すわけにもいかず、ついつい既婚だと言いそびれてしまうナット。

自分にふさわしい聡明な女性を長年探していたガイは、自分のことをナットに知って
もらおうと自社工場に招待する。末端社員に至るまで家族のように接し、会社と経営を
愛するガイの誠実な人柄に思わずナットの心は揺れていく。
その頃、離れがちな妻に自分の理想を知ってもらうべく際どいランジェリーショップを
訪れるジョッシュ。しかし同伴したクロエの思わぬ可愛らしさに心をうたれ、
ついついキスを交わしてしまう。クロエは数年前の彼との交わした逢瀬のまま、
恋心を隠して友人付き合いをしていたのだった。
そして一方でナットは自分が既婚だとガイに打ち明けながらも、気持ちを抑えきれなくなり
道端で激しく彼と求め合ってしまう。

***

「あと三カ月(12月まで)もう一度がんばってみなさい」
カウンセラーにそう勧められた二人はお互いの生活や性格の不満を
乗り越えようと妥協点を模索し始める。

クリスマス前夜、偶然道端ではち合わせた4人。
ナットのことを諦めたくないとほのめかすガイ。略奪愛の危険を感じたジョッシュは、
未婚同士お似合いだとクロエとの縁談を持ちかける。最初は躊躇していたガイとクロエも、
お互いの人の良さもあって徐々に距離が縮まっていく。
やっとそれぞれの「落としどころ」を見つけたかに見える4人。
ナットとジョッシュの1年目の結婚記念日まで、あと数日に迫っている・・・。

<感想>
ボラットに代表される今までのダン・メイザー作品に比べると、ものすごくソフトで
キュートな仕上がりになってます。さすがバレンタインデー映画。
ただし監督ならではのオゲレツジョークやポロリは発動しますのでそっちを期待する
方々も裏切りません。
サイモンの役どころは、トレイラーの鳩シーンをみる限り勘違い間男野郎なのかと
思っていたのですが(それなんてプラダ)
実はとっても人間味のある誠実な男性で、まったく非の打ちどころない紳士でありました。
まさに器用貧乏というにふさわしい性格で、経営学ヲタでありロンドンのホテルに
長期滞在するに当たり、クリスマス・イヴだと言うのにセクハラ撲滅運動の資料を
持ち込んでいるような感じの、ちょっと不思議社長であります。だがそこがいい。

ナット率いる代理店ガールズチームは、ランチタイムにこじゃれたクル寿司屋
弁当を買うようなロンドンの街を肩で風切るハイソなキャリアウーマン軍団で、

「どうせ先代と同じようなロクデナシなんだから、テキトーにエコっぽい
緑色と黄色のフォントにヒマワリと蝶々のイラスト付けときゃいいのよwww」
「"awesome"(=まじで)を連呼して"HEY BABY"ってオースティン・パワーズ
みたいな喋り方する、残念な感じのヤンキーよきっとwwww」

って勝手な悪口を大声で話しているんですね。
これだから電通って。
しかしそのとき彼女たちの背後には、金色のフワフワした物体が・・・

igitay_guyNOBU.jpg
家政婦 七光り社長は(自分がdisられるのを)見た。

んでもってこれを逆手に、わざとアメリカヤンキー丸出しの態度でミーティングに
現るガイ。ナットが例のしょぼいロゴをドヤ顔で披露しようとした瞬間
「素晴らしいコンセプトだ。きっと君たちに任せれば緑と黄色のロゴなんて出すはずないね!」
と先制パンチを繰り出す。これがあの性格の悪いコンサルタントならもっと相手の
臓腑をえぐるようなイヤミを放つんでしょうが、ガイ社長はなにしろ誠意大将軍なのです(古い)

経営ヲタでもあるガイ・ハープ社長は、自分がありきたりなボンボンではないと
ナットたちに知らしめるため、
「四象限ストラテージの構造について」とかいう呪文を唱えて相手のHPを奪います。

かなりの恋愛体質であるらしく、母親のように慕う勤続43年のおばあちゃん工員からは
いつもロクでもない女の子ばかりに当たるとボヤかれているようです。
そんな喪男ならしょうがないなあ、ももぐみが貰ってあげてもいいですよ。
二度と家から出しませんがしょせん喪男なんだから文句はないですよね(だまれ

なぜか自分になびかずビジネスライクに徹しようとしているナットに猛アプローチを
かけるガイ。会社見学ではポイントゲットしたものの、
どうしてもホテルの部屋で商談する事を承諾しない彼女に
「ちっちゃい子猫が部屋にいるんだ。毛糸玉で遊ぶのがかわいいよ、見に来ない?」
という相手が幼女なら通報レベルのセリフで誘いをかけます。
純真無垢な乙女ならまだしも、相手はブラッド・ピットの汗つきパンツをジップロックで
保存していたローズ・バーン兄貴です。その装備では戦えません。
いやむしろ「毛糸玉で遊ぶぼくの姿を見に来ない?」なら爆釣だったのに。

しかしホテル内の個室へと誘うことに成功した社長。
早速、彼女を生牡蠣とヴァイオリンの生演奏、そして 生鳩 でもてなします。

igitay_dobe.jpg
クルッポー!

この鳩シーン、ダン・メイザー監督とサイモン・ベイカーのお気に入りのシーンで、
Blu-ray版にはわざわざ「シーン59:鳩」というメイキングの動画が収録されています。
ローズさんが鳥類苦手らしく、鳩が飛び交うだけで叫んでしまうお芝居にならない。
しかしサイモンは鳩の猛攻に耐え忍んで真顔を崩さず何テイクもやり直しします。

igiay_dove02.jpg
頭の上で鳩が 交尾 暴れようともポーカーフェイスを崩さない。これぞ俳優魂ッ。

この鳩たちねえ、やたらサイモンの頭の上が好きでメイキングではお椀の中から
出てきたとたん鳩まっしぐらにあの金髪を目指すんですよ。
くそう好き勝手やりやがって。鳥になりたい。

それにしてもローズさんが"I Hate Bugs!"って叫ぶのはちょっと・・・
鳥好きの管理人としては心が痛むのであります。
サイモンが言うには「最初は鳩が飛ぶたびにキャーキャー言ってたのに、
しばらくしたら"ああ鳩ね、フン"みたいにあしらってたよw」だそうです。
我慢して芝居続けてたサイモンですが、最後に翼が顔面にクリティカルヒットし、
とうとうニヤッと笑って「殴られたよ・・・」呟いています。

ロケ現場はロンドン市内色々なのですが、上の画像でサイモンがランチを食べている
日本食レストランはNOBUのロンドン店です(2店舗くらいあるようです)
4人が合流するパブの前は昨年10月に立ち寄ったのですが、NOBUのスチールは
出たのが遅かったので行ってません・・・うーんいつかぜひ同じ席に!

本映画ですが、ブラック・コメディとはいえ相対的にライトな恋愛映画なので
徹底的にエグいものをお好みの場合はアテが外れるかもしれません。
なおサイモンは脱ぎません。 泣いていいかい。
結婚経験のある方なら、国や人種を超えて「わかり過ぎてつらいwww」
という微妙なニュアンスがてんこ盛りなのでぜひ日本でも公開してほしいです!
嫁いだ娘さんとお母さん二人とかで見に行くと、なんか盛り上がりそうな気がします。
これがバレンタイン映画ってのがすごいなーと、思わせる1作でした。


プロフィール

すう。

Author:すう。
別名ももぐみ。べいかあ教徒として日々修行を送っているつもりの永遠の4歳児。
唯一神おさいもんをあがめ、いい子になろうと血道をあげています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
お問い合わせメールフォーム
※HN可・メルアド入力必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者カウント
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。